2025年万博若者会議@博多

参加申込フォームはこちら

▶Theme

2050年の「世代を超えて受け継ぐ」
私達は今、受け継ぐ側だ。
先の世代の生み出した現在を取捨選択しながら生きている。
では2050年、共に創り上げた未来を私たちはどのようにして次の世代に引き継いでいくのだろうか。
最終回となる博多では時代に合わせて変遷する「受け継ぐもの」、そして「受け継ぐという行為のあり方」について議論し、2050年よりさらに先の未来での自分たちのあり方を考えます。

▶イベント概要

【名称】2025年万博若者会議@博多
【日時】7月20日 13:00~
【会場】
みんなの貸会議室
(〒8100001 福岡市中央区天神3-4-13万多礼ビル)

【募集人数】メインスピーカー/ディスカッションメンバー:5名/45名
【応募条件】2019年11月24日時点で30歳未満の若者であること。
【参加費】無料
【Facebookページ】
https://www.facebook.com/events/1386328578171703/
【タイムスケジュール】

  • 12:15 開場
  • 13:00-13:15 オープニング
  • 13:15-14:25 基調講演:嶋田 洋平氏
  • 14:25-16:15:グループワーク
  • 16:15-17:15:全体ワークショップ-最後の10分は振り返り
  • 17:15-17:25:クロージング
  • 18:00- :懇親会(任意)

▶ゲストスピーカー

嶋田洋平

-嶋田洋平 氏
株式会社 らいおん建築事務所 代表取締役

1976年生まれ。建築設計事務所「みかんぐみ」のチーフを経て、2008年らいおん建築事務所を設立。 2012年北九州家守舎、2017年にセミコロンを設立し、全国様々な都市地域 で、縮退エリアにおけるエリア再生事業のプロデュースやリノベーション事業を行なっている。
主な実績として、小倉魚町の家守プロジェクトの実施、和歌山市ぶらくり丁周辺のエリア再生プロデュースなど。
主な著書に『ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり』(日経BP社)
主な受賞歴として、日経アーキテクチュア「アーキテクト・オブ・ザ・イヤー2017」第2位に選定。
小倉魚町での実践によって 「国土交通大臣賞 」「日本建築学会賞教育賞」。